出産のお祝いの品として誕生石のベビーリングをプレゼント

サイトマップ

Baby Ring

ベビーリングの由来と正しい選び方

見つめている赤ちゃん

ベビーリングの始まりは、ヨーロッパという説があります。ヨーロッパでは「銀のスプーンをくわえてきた子どもは幸せになる」という言い伝えがありました。16世紀ごろから、生まれると銀のスプーンをプレゼントする習慣が始まりました。すると、セレブの間で銀のスプーンではなく、高級感のある「銀のリング」を贈るようになりました。1歳の誕生日に贈るベビーリングでしたが、日本では誕生の祝いに贈ることが多くなっています。
中でも誕生石を入れることができるものがオススメです。なぜなら、古くから誕生石はお守りになると言われているからです。では、由来と意味を知ったところでベビーリングの次は正しい選び方です。誕生石を入れることについては先ほど書いたのでここでは素材とデザインに注目します。おすすめの素材はホワイトゴールドです。
金にパラジュームを混ぜた合金で、プラチナよりも安価で作ることができて、劣化しても手軽な価格で元の輝きを取り戻せます。できるだけお金をかけずに、デザインにこだわりたいときにぴったりな素材です。次はデザインです。一番の定番は、誕生石をひとつだけ埋め込んだシンプルなもので、赤ちゃんの性別に左右されずデザインできるのが魅力的です。赤ちゃんの健康と幸せのために、素敵なベビーリングを作りましょう。

Topics

Post List